Quick Menu


目次

小説の中の “筏橋”

  • 金持ちヒョン氏の家
  • 虹橋
  • 素花橋
  • 鉄橋
  • 金融組合
  • 南道旅館
  • キム·ボムの家
  • 回亭理 教会
  • 趙廷來作家の古宅
  • 中島堤防
  • ジントジエ(トンネル)
  • 回亭理3区
  • 素花の家
  • 筏橋商高
  • 船倉と倉庫
  • 警察署
  • 市場(商店街)
  • 筏橋駅
  • 車夫
  • 南原荘
  • 酒問屋
  • 筏橋南小学校
  • 光州商会
  • 北小学校
  • 龍淵寺
  • 筏橋公園
  • 青年団建物
  • 自愛病院
  • 坪村
  • ソックゴリジェ
  • ズリッジェ
金持ちヒョン氏の家
金持ちヒョン氏の家正面
  • 金持ちヒョン氏の家正面
  • 金持ちヒョン氏の家側面
  • 高い場所から眺めた金持ちヒョン氏の家全景

広々とした野原が見下ろされる帝釈山の裾に立てられたこの家と祭閣は元々朴氏門中の所有だ。
この家の大門と主屋を見れば韓屋の基本フレームにしたが、あちこちに日本式を加味した風変りな様式の建物で、一時代を反映しているかなりおもしろい建物と言える。小説では金持ちヒョン氏の家に描写された。

「その場はもっといい明堂として広く知られていたが、風水が全然分からない目で見てもその地はまことに珍しい敷地だった…(太白山脈 1冊 14ページ)」小説 「太白山脈」で門を開く初場面で初めて登場する家だ。組職の密命を受けたジョン・ハソブが活動拠点を用意するために巫子である素花の家を尋ねて、こちらを隠れ場にして玄氏とこの家に対する詳しい描写が開かれるようになる。素花とジョン・ハソブの切ない愛の巣でもある。


最下情報