Quick Menu


目次

小説 太白山脈

  • 作家「趙廷來」
  • 太白山脈の年譜
  • 推薦の文
  • 小説「太白山脈」
作家「趙廷來」

作家精神の勝利だと呼ばれるほど一生を文学に捧げて来た「趙廷来作家」は韓国文学だけではなく、世界文学でも類例がないすぐれた作品活動を広げて来た。趙廷来作家精神の結集体だと言える大河小説『太白山脈』と『アリラン』は、1980年代出刊以後時代を超越した古典として広く読まれた。また、2002年完刊になった『漢江』は、『太白山脈』と『アリラン』に引き続き、韓国現代史3部作を完成して、1千万部突破という韓国出版史上初めの記録を樹立した。

1970年《現代文学》の推薦で登壇した後、歪曲された民族史から個人の限界に至るまで多様な領域で作品活動をして来た。大河小説 3部作『太白山脈』、『アリラン』、『漢江』を含めて主要作品では、短編集『ある伝説』、『20年にかけて雨が降る地』、『黄土』、『恨、その陰の席』があり、中編集『流刑の地』、長編小説 『大蔵経』、『火遊び』があり、このような 趙廷来作家の前半期文学は『趙廷来文学全集』に出刊された。

趙廷来作家の作品はフランス、ドイツ、日本などで翻訳・出刊されているし映画やマンガTVドラマでも製作されている。

- 1943年 全南昇州郡仙巌寺で生まれ,
- 光州西中学校とソウル宝城高等学校を経って、東国大学国文学科を卒業
- 1970年 <現代文学>推薦で登壇
- 短編集「ある伝説」、「20年にかけて雨が降る地」、「黄土」、「恨、その陰の席」
- 中編集 「流刑の地」、長編小説「大蔵経」、「火遊び」
- 大河小説「太白山脈」、「アリラン」、「漢江」出刊
- <現代文学賞><大韓民国文学賞><声玉文化賞><東国文学賞><小説文学作品賞><丹斎文学賞><魯迅文学賞> 受賞、現在、東国大- 国語国文学科碩座教授として在職
 


最下情報