Quick Menu


目次

太白山脈文学館

  • あいさつの言葉
  • 沿革
  • ショールーム
  • 建物
  • 壁画
  • 太白山脈 文学公園(360’VR)
  • 観覧案内
あいさつの言葉

太白山脈文学館は、小説の始まった初場面である金持ちヒョン氏の家と素花の家がある帝釈山の裾に腰を据えました。

文学館は、小説太白山脈が地の中に埋もれていた歴史の真実を世の中に現わした主題意識を形象化するために山裾を掘り出して、珍しく設計された建物として建てられました。

宝城郡は太白山脈文学館を、小説の大きい意味を振り返って、民族の宿願と悲願である統一に貢献することができるよう統一文学館にて作って行って、世界的な文学紀行の名所として新たな魅力づくりに取り組もうとします。

特に、国民皆の参加の中で文化的な恵みをおのおのに享受するように開かれた空間、楽な休息空間、複合文化空間になることができるように最善の努力を傾けます。いつでも文学館の門をたたいてください。

常に嬉しい心で貴方の訪問を待っております。

有難うございます。

宝城郡守 鄭鍾亥(ジョン・ジョンへ)


最下情報